明日から使いたくなる!?リュックサックの魅力3選

両手が塞がらず作業がしやすい

やはりリュックサックの一番の長所といえば、両手が塞がらず荷物を持ったままの作業がしやすいということではないでしょうか。だからこそ、アウトドアで動き回りたい時には手提げバッグよりもリュックサックの方が適切な格好といえます。例えば雨の日にも、傘をさしながら携帯を確認するという、普段なら少し辛い姿勢になる作業も難なくこなすことができます。さらに、山登りなどの時には、転けてもすぐに手が出せるため怪我をしにくいのもメリットの1つでしょう。

重みが分散されるため負担になりにくい

手提げバックの場合、片方の肩や腕に直接重みが伝わることになります。それは重さが一箇所に集中しかかってしまうためです。そのまま肩を酷使し続けていると、肩こりの原因になってしまうこともあります。その点リュックサックは、両方の肩と背中全体に分散されて重みがかかるため、比較的重さを感じにくくなります。何か重いものを運ぶ際には、通常のバッグを使うより負担の軽いリュックサックを使う方が体にも優しいかもしれません。

デザイン性が高いものが多い

通常のバッグでももちろんお洒落なデザインのものが多く販売されていますが、最近は特にリュックサックが原宿を中心として若い女の子たちに注目を受け、様々な個性的なデザインのものが多く販売されています。また、リュックサックの素材は大抵柔らかいものが多く、バッチなどを付けやすいので、自分にあったデコレーションを気軽に行うことができます。通常のバッグと比べると飾れる面積も大きいため、色んなものをつけて完全オリジナルバッグにしたいという人にもオススメです。

新大学生のみなさん!大学は高校までと違って指定のカバンもありませんし、カバン選びに悩みますよね。じつは大学では、荷物のたくさん入るリュックの人気が抜群です!