結婚指輪選びの総仕上げ・刻印のチェックポイント

入れなきゃ損!定番化する結婚指輪の刻印

結婚指輪には、9割近いカップルが刻印を入れているというデータがあります。刻印の料金が予め結婚指輪の代金に含まれていたり、無料サービスとして提供されているジュエリーショップが多いこともあり、それなら入れた方がお得と考えるカップルも多いようです。一般的に指輪の内側に刻印を施すためデザインの邪魔にならず、日付やイニシャルなど短いものだけではなく、英単語やちょっとしたメッセージをこっそり刻印することもできますよ。

イニシャルと日付が9割

結婚指輪の刻印として最も人気のモチーフは、入籍または結婚式の日付、ファーストネームです。ファーストネームはイニシャルのみ、&やハートマークを挟んで並べるなどのいくつかのパターンから選べます。自分の名前は入れずに、相手の名前のみを刻印するカップルもいます。日付の入れ方も日本式と英語式があり、月表示を英単語の省略形にすることもできるでしょう。全体のバランスを見ながら、細部までこだわってデザインを決めるのがおすすめです。

愛を深めるメッセージと共に

メッセージを刻印する場合は、愛や永遠、平和や笑顔など温かい言葉を選ぶカップルが多いです。恥ずかしがらずに、折角の記念なので気持ちを込めて素敵な言葉を選びましょう。子供たちが成長すると、結婚指輪に興味津々になりますよね。メッセージを人前で読み上げられる、ということもあるかも知れませんが、その時は胸を張って意味を説明できるようにしたいものですね。一捻りしたい方は英語だけではなく、フランス語やスペイン語なども候補に検討してください。

予算に合わせて自由に作れる結婚指輪のオリジナルであれば既製品にはない記念の品を仕上げることが出来ます。